English
世界最高峰の味わいを、食卓に。
世界最高峰の味わいを、食卓に。
世界最高峰の味わいを、食卓に。

高級和食店や寿司店で使われているヤマサ醤油の最高峰「ヤマサ重ね仕込しょうゆ本懐石」をベースに
ジョエル・ロブション氏のレシピで誕生しました。

新しいプレミアムな味わい

りんご、ざくろ、さくらんぼや
赤ワインなどをブレンド。
果汁の自然な甘味と赤ワインの
コクが調和した
新しい味わいのプレミアムな
しょうゆです。

和食に限らず洋食からスイーツ
まで幅広くお使いいただけます。

新しいプレミアムな味わい

すだち、パインアップル、りんご
、なし、ざくろ、さくらんぼの
6種の果実によるフルーティーな香り、
しいたけ、昆布、かつお節
などの旨味に、ポートワインを入れて
コクをプラスし、ローズマリーや
にんにくをアクセントとしたものです。

ステーキはもちろん、焼肉、焼き鳥、
照り焼きから
バーベキューやラムチョップまで、
肉料理にぴったり合う、
新しいたれです。

なぜ、「プレミアムしょうゆ」を監修したのか?
従来のしょうゆと何が違うのか?
「皆さん驚かれると思います」というレシピの秘密は?
ジョエル・ロブション氏自ら語る開発秘話をご覧ください。
プレスイベントの様子はこちら
「プレミアムだれ」のレシピは?
そしてその特徴は?
どんな料理に使えるか?
ジョエル・ロブション氏からのおすすめをご覧ください。

塩分控えめヘルシー&ビューティーな果汁入り 塩分控えめヘルシー&ビューティーな果汁入り

塩分は、減塩しょうゆと同じ(9g/100g)です。
※減塩しょうゆは、一般的なこいくちしょうゆに比べ
塩分を50%カットしています

ヘルシー&ビューティーな、りんご、ざくろ、さくらんぼ果汁や赤ワインを使用しています。

洋風から和風までいつものお料理がワンランクアップ 洋風から和風までいつものお料理がワンランクアップ

ステーキ、ハンバーグなどの肉料理、
オムレツや目玉焼などの卵料理、コロッケなどの
揚げ物や魚料理など、
洋風から和風まで幅広いメニューに
お使いいただけます。

開封後も180日間鮮度キープ 開封後も180日間鮮度キープ

しょうゆが空気に触れないエアブロック弁だから、
開封後、何度注いでも
出来たての色と風味が長持ちし、
最後の一滴まで新鮮です。 鮮度の一滴ブランドサイト

ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション 関谷 健一朗 料理長に「プレミアムしょうゆ」を使って
ご家庭でも簡単に作れるレシピを考案していただきました。

関谷 健一朗 料理長のインタビューへ

桜海老とアボカドのディップ

「プレミアムしょうゆ」の風味を活かしたディップで
野菜を美味しく頂けるヘルシーな1品。
クリームチーズを加えることで、味わいにコクをプラス。
アボカドの皮を使って、ベジココット・スタイルに仕上げます。
レシピを見る

サーモンマリネ しょうゆ風味のホイップクリームと共に

お刺身をフレンチ風に簡単アレンジ。
生クリーム使うことで、フレンチらしさとコクをプラスしつつ
「プレミアムしょうゆ」の華やかな香りや味わいが
より際立ちます。 レシピを見る

豚ロースのキャラメリゼ

「プレミアムしょうゆ」自体のうま味とコクを引き出す1品。
うま味を引き出す素材の豚肉と野菜を使用。
バターを使ってさらにコクをプラスします。

レシピを見る

料理研究家 柚木さとみさんのワンポイントアドバイス いつもの料理がワンラックアップ

ヤマサのレシピサイト“Happy Recipe”でもおなじみの人気料理研究家 柚木さとみさんに
「プレミアムしょうゆ」を使っていつもの家庭料理をワンラックアップするアドバイスをいただきました。

柚木さとみ 柚木さとみ

和風はもちろん、洋風、スイーツまで、「プレミアムしょうゆ」が決め手となるレシピを、
料理研究家や手料理写真アプリ「SnapDish」のユーザーさんに作っていただきました。

ジョエル・ロブション

ジョエル・ロブション

「世界最高の料理人」と言われるフレンチの巨匠

パリ、ロンドン、ラスベガス、香港、日本など世界10か国に自身の手掛けるレストランを持ち、
世界の美食家からの賞賛を一身に受けている。
「素材への敬意」を大切にし、そのエッセンスを最大限に引き出し、常に研ぎ澄まされた
五感より想像される氏の料理は、数々の勲章・栄誉を受け、料理界、食通の間で
「奇跡のシェフ」と称されている。

1945年フランス中部ポワティエ市生まれ。1960年シェフへの道を志し、ホテル・レストラン「ルレ・ド・ポワティエ」で料理技術の基本を学ぶ。1974年「コンコルド=ラファイエット・ホテル」の総料理長就任。1978年「オテル・ニッコー」の料理部門長となる。1981年「ジャマン」のオーナーシェフとして独立。1994年「ジャマン」を「ジョエル・ロブション」として移転拡大。1996年「完璧な味とサービスを求め、最高の状態で辞めたい」と「ジョエル・ロブション」を閉店。
以降はレストランのプロデュース業と、後進の育成に力を注ぎ現在も様々な形で業界を牽引し続けている。

Joel Robuchon公式サイト

塩分は、減塩しょうゆと同じ(9g/100g)です。
※減塩しょうゆは、一般的なこいくちしょうゆに比べ
塩分を50%カットしています
ヘルシー&ビューティーな、すだち、パインアップル、りんご、なし、ざくろ、
さくらんぼの6種の果実を使用しています。

しいたけ、昆布、かつお節などの旨味に、
ポートワインを入れてコクをプラスし、
ローズマリーやにんにくをアクセントとしています。

ステーキはもちろん、焼肉、焼き鳥、照り焼きから
バーベキューやラムチョップまで、
グリル料理にぴったり合う、新しい味わいのたれです。

空気に触れないエアブロック弁だから、開封後、何度注いでも出来たての
色と風味が長持ちし、最後の一滴まで新鮮です。

鮮度の一滴ブランドサイトへ

ジョエル・ロブション

ジョエル・ロブション

「世界最高の料理人」と言われるフレンチの巨匠

パリ、ロンドン、ラスベガス、香港、日本など世界10か国に自身の手掛けるレストランを持ち、
世界の美食家からの賞賛を一身に受けている。
「素材への敬意」を大切にし、そのエッセンスを最大限に引き出し、常に研ぎ澄まされた
五感より想像される氏の料理は、数々の勲章・栄誉を受け、料理界、食通の間で
「奇跡のシェフ」と称されている。

1945年フランス中部ポワティエ市生まれ。1960年シェフへの道を志し、ホテル・レストラン「ルレ・ド・ポワティエ」で料理技術の基本を学ぶ。1974年「コンコルド=ラファイエット・ホテル」の総料理長就任。1978年「オテル・ニッコー」の料理部門長となる。1981年「ジャマン」のオーナーシェフとして独立。1994年「ジャマン」を「ジョエル・ロブション」として移転拡大。1996年「完璧な味とサービスを求め、最高の状態で辞めたい」と「ジョエル・ロブション」を閉店。
以降はレストランのプロデュース業と、後進の育成に力を注ぎ現在も様々な形で業界を牽引し続けている。

Joel Robuchon公式サイト