About Yozo Hamaguchi 浜口陽三について

浜口陽三は、1909年にヤマサ醤油株式会社の先々代の社長、濱口儀兵衛の三男として和歌山県に生まれました。生家は、1645年以来お醤油造りを続けてきましたが、陽三は家業を離れて東京美術学校(現東京藝術大学)の彫塑科に入学しました。1930年には大学を中退してパリに渡り、油彩、水彩、銅版画など幅広い創作活動を行います。第二次世界大戦により帰国し、戦後の1948年頃から本格的に銅版画の制作を始めます。

  続き(浜口陽三の生涯と作品)

2022.11.19 銅版画教室定員のお知らせ

2023年1月22日(日)開催の銅版画教室は定員となりました。お申込みありがとうございました。

2022.11.12 11/12(土)イベント開催と展示室について

11/12(土)木版画ワークショップですが、午前と午後若干お席がございます。当日お申込みをしていただけますので、美術館受付またはお電話03-3665-0251にてお問い合わせください。尚、開催にあたり1階展示室が一部狭くなります。ご不便をおかけいたしますが、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

Twitter
開催中の展覧会

瞳に映るファンファーレ ―浜口陽三の銅版画と川瀬巴水をはじめとした新版画―

次回の展覧会
次回の展覧会は未定です

前回の展覧会

南桂子展 透き通る森

7月16日(土)~10月23日(日) 
Holidays 休館日のお知らせ
11 月

7日、14日、21日、28日

12 月

5日、12日、19日、26日~31日(展示替休館)


ページのトップへ