About Yozo Hamaguchi 浜口陽三について

浜口陽三は、1909年にヤマサ醤油株式会社の先々代の社長、濱口儀兵衛の三男として和歌山県に生まれました。生家は、1645年以来お醤油造りを続けてきましたが、陽三は家業を離れて東京美術学校(現東京藝術大学)の彫塑科に入学しました。1930年には大学を中退してパリに渡り、油彩、水彩、銅版画など幅広い創作活動を行います。第二次世界大戦により帰国し、戦後の1948年頃から本格的に銅版画の制作を始めます。

  続き(浜口陽三の生涯と作品)

2022.12.21 ミュゼより皆様にお知らせ

間もなく冬至を迎え、新春の足音が聞こえて参ります。2023年2月より、これまで憩いの場としてみなさまに親しんでいただいたcafe スペースは、ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションの展覧会をより深く楽しんでいただける空間へと、ささやかながら装いを新たにいたします。今後は一息つけるコーヒーと共に、作品の感動を反芻していただく新しい空間を計画中です。現在のカフェメニューは1月いっぱいまでのご案内となります。お醤油アイスや、ホルトハウス房子さんのチョコレートケーキが気になっていた方は是非足をお運びください。年内は12月25日まで、年明けは1月7日から営業いたします。                        

2022.12.18 2023年1月14日(土)連詩ナイト 参加、見学受付中

2023年1月14日(土)17:30から「連詩ナイト」を開催します。全国10大学以上の学生や卒業生たちが集う詩誌「インカレポエトリ」のメンバーが、展示作品や来館者の言葉をヒントに連詩を作ります。学生たちと対話をしながら、連詩ができる様子をご覧ください。当日は来館者の方にも、連詩にチャレンジしていただけるコーナーもございます。見学、参加をご希望の方は、こちらよりお申込みください。

Twitter
開催中の展覧会

展示替え休館

2023年1月30日(月)~2月10日(金)
Holidays 休館日のお知らせ
2 月

1~10日(展示替休館)、13日、20日、27日


ページのトップへ