イベント情報

グラスに彩色されたエナメルを彫って模様を描きます。かりかりと描く手作業による線は南桂子の銅版画にも通じるあじわ…

1月28日(土)、本展出品作家である写真家濱田祐史氏とテキスタイルアーティストの浦佐和子氏をお招きしギャラリー…

半透明な絹の布の重なりを楽しみながら絞り染め、型染めでアクセサリーを作ります。ピアス、イヤリング、ブローチから…

20世紀初頭、フランスでは日本の短詩(和歌や俳句)への関心が高まり、それをもとにした音楽も生まれました。今回の…

様々な色や形、質感の紙を組み合わせ、製本の基本技法である「一折中綴じ」でつくるノート。 銅版画の版の重なりのよ…

南桂子作品に出てくるモチーフを元に、色や形の異なる小さな木片を組み合わせて つくる寄せ木のワークショップ。 ブ…

自分だけの色を見つける、ぬりえワークショップ 「浜口陽三展 赤と黒・色彩の引力」会期中

浜口陽三が開拓した「カラーメゾチント」の色彩効果を疑似体験できるコーナー。 赤・青・黄・黒の色鉛筆で、ハガキサ…

浜口陽三作品の構図や配色をもとに、 0号サイズの木枠を使って飾り布を織りあげるワークショップです。 木枠が額縁…

本展テーマの欧州旅行をはじめ、秋山庄太郎の思い出や魅力を語っていただきます。

クラシックギターの弾き語りで、 南桂子作品に通ずる少女の心の風景を歌いあげます。


ページのトップへ