美術館について

Musée Hamaguchi Yozo: Yamasa Collection

浜口陽三の作品を収蔵・展示する美術館

1998年11月ヤマサ醤油株式会社が開設


浜口陽三は創業360年、歴史あるヤマサ醤油第10代目社長濱口儀兵衛の三男として生まれました。父儀兵衛は南画収集家で、自らも南画を学んだ人でした。さかのぼれば、5代目濱口灌圃は江戸後期に活躍した南画家で、濱口家は芸術に秀でた人物を多く輩出した家柄でもあります。
浜口陽三は、カラーメゾチントという独特の銅版画技法を開拓、その卓越した技術が創り出す、静謐な世界は多くのファンを魅了しています。1996年にパリ、サンフランシスコでの永い海外生活を終え帰国。本人の賛意もあり、持ち帰った多くの作品を展示する美術館を開設いたしました。現在では、銅版画の魅力を紹介する企画展、イベント、版画教室なども開催しております。

ご利用案内

開館時間 午前11:00~午後5:00(入館は午後4:30まで)
土・日・祝日は午前10:00~
入館料 大人:600円(500円)
大学生・高校生:400円(300円)
中学生・小学生:200円(150円) ※無料
()内は20名以上の団体料金
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始、夏期、展示替え及び特別整理期間
住所 東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7
Tel:03-3665-0251 Fax:03-3665-0257
mail:musee@yamasa.com

※お電話の受付は、展覧会開館時間の午前11:00~午後5:00(土・日・祝日は午前10:00~午後5:00)に限ります。休館日にはつながりませんのでご了承ください。

リニュ-アル設計 鈴木エドワード
ヤマサ醤油の倉庫として機能していた
スペ-スを改装しました。
基本情報 隠れ家のような小さな美術館です。

  • ・展覧会年3~4回。常設室はありません。
  • ・展覧会毎に約60点展示
  • ・展示延床面積 約280m2

ページのトップへ