English
TV CM

『ヤマサ 鮮度生活 味なめらか 絹しょうゆ』 新テレビCM “レシピソング”篇

テレビCMストーリー

『ヤマサ 鮮度生活 味なめらか 絹しょうゆ』 “レシピソング”篇(15秒)

週末の昼下がり、白いタイルの壁面と木目を基調としたナチュラルテイストの明るいキッチンで、「き・ぬ 絹しょうゆ~♪」とごきげんで鼻歌交じりに料理をしている木村さん。フライパンにバターを溶かし、鮭ときのこを炒め中。手元に置かれているのは今日の料理の相棒『ヤマサ 鮮度生活 味なめらか 絹しょうゆ』。炒め合わせたところで「鮭ときのこを炒めたら~ か~けましょ♪」と『ヤマサ 鮮度生活 味なめらか 絹しょうゆ』をフライパンに回し入れると、具材としょうゆが絡み合い、香ばしい香りがじゅわ~っと立ち上がります。パクッと味見してみる木村さん。「ん~」と想像以上の美味しさに驚嘆。そして炊きたてのほかほかな白米に炒めた具材を混ぜ合わせれば、「鮭ときのこの絹和え混ぜごはん」の「でっきあがり♪」。ダイニングテーブルで楽しくいただくのでした。

撮影エピソード

撮影は、7月下旬に都内近郊のハウススタジオで行われました。この日は台風の予報がでていて、時折キッチンに差し込む日差しは不安定だったのですが、木村さんの笑顔は台風が吹き飛んでしまうほどの晴れやかさで、現場は明るい雰囲気のなかで進行しました。

今回は週末の昼下がりの食卓の設定でしたが、キッチンで料理する木村さんの姿は、セットにすーっと馴染んでしまうほど自然で、フライパンで具材を炒める手つきも、普段から料理をされていることがよくわかる慣れた手つき。まるでわれわれも食卓についているように錯覚してしまうほどの自然さで、木村さんが作る料理の出来上がりが待ち遠しくて仕方ありませんでした。また、『ヤマサ 鮮度生活 味なめらか 絹しょうゆ』の香ばしい香りにスタッフのお腹がなり、木村さんが思わず笑ってしまうなど、現場は和やかな雰囲気でした。

『ヤマサ 鮮度生活 味なめらか 絹しょうゆ』をフライパンに回し入れるシーンでは、前方を見ながら回し入れるため手元を見ないのですが、しょうゆがフライパンからはみ出していないか気にかけたりと、木村さんの細やかな気遣いを感じました。

味見をするシーンでは、食材をお箸に挟んで口にするのですが、バターとしょうゆが混ざり合っているので、お箸では落としやすくなっているところ、手によけいな力を入れず、ひょいっと挟んでパクッ。テストなしの本番一発OKがでて、スタッフから感嘆の声が上がりました。

「鮭ときのこの絹和え混ぜごはん」のごはんと具材を混ぜる際には、「混ぜるのがもったいない!」と木村さんが惜しがるほど、具材のみでも十分美味しい出来栄えでした。それでも実際に混ぜたものを食べてみたら、あまりの美味しさに「もうちょっと食べたい」とお茶目なコメントもいただきました。