English
醤油の敵!「酸化」
醤油の敵!「酸化」

しょうゆとワインの敵は?

ワインは一度封を開けてしまうと、酸化が進んでしまったという経験がある方も多いのではないでしょうか。
しょうゆも同じで、開封したてのしょうゆと、開封後空気に触れて酸化が進んだしょうゆの違いは、その色を見れば一目瞭然、風味も落ちてしまいます。

もちろん、「ぽん酢」においても同様に空気に触れることで酸化がすすみます。

ペットボトル入りのしょうゆ

空気にふれないから、いつでもおいしい

しょうゆは保存食品というイメージがあり、長期間保管しても大丈夫と思われがちですが、実は、開封後は空気に触れることで酸化がすすみ、色が濃くなり香りや味もどんどん落ちていきます。

「ヤマサ鮮度の一滴」は、開封後何度注いでも、中に空気を入れない構造の画期的な容器で、最後の一滴までおいしさを楽しむことができます。

ペットボトルなどでは使った分だけ空気が入り酸化が進みます。

冷蔵庫にいれても酸化が進んでしまう!

品質が少しでも落ちないように冷蔵庫での保存が望ましいのですが、飲料やドレッシング、様々な調味料などにより、冷蔵庫のスペースがとられ、しょうゆの保管場所が、キッチンの調味料入れやシンク下だったりと、保管場所が常温の場所になっていることも多々あります。
また、冷蔵庫に保管しても、ペットボトルなどでは、使った分だけ空気が入り、酸化が進みます。
「ヤマサ鮮度の一滴」は、冷蔵庫に入れない常温保存で180日間鮮度をキープします。

工場の未開封品 ペットボトル冷蔵庫開封一ヶ月品 ペットボトルシンク下開封一ヶ月品 比較グラフ