ご家庭でお試しいただくヤマサしょうゆの実力

おいしさ再認識の冷奴 しょうゆはかけずに「つける」 野崎さんのおすすめは、冷奴とは別にしょうゆの器を用意し、とうふをしょうゆにつけながら食べること。しょうゆのうま味が、とうふから出る水で薄まることなく、繊細な味の違いも楽しめます。「つけて食べるということは、箸の文化だからできること。こうすれば、焼き魚やおひたしも、素材としょうゆ、それぞれの味を感じながらいただけるでしょう」

おいしさ再認識の冷奴 しょうゆはかけずに「つける」

野崎さんのおすすめは、冷奴とは別にしょうゆの器を用意し、とうふをしょうゆにつけながら食べること。
しょうゆのうま味が、とうふから出る水で薄まることなく、繊細な味の違いも楽しめます。
「つけて食べるということは、箸の文化だからできること。こうすれば、焼き魚やおひたしも、素材としょうゆ、それぞれの味を感じながらいただけるでしょう」