江戸の彩り、ヤマサの赤

しょうゆは黒い。おいしいしょうゆは赤い。

春夏秋冬。日本には四季がある。
四季には味がある。
折々の味わいを引き立てるしょうゆといえばヤマサ。
独特の強い赤みは、ヤマサが創業以来、受け継ぎ育ててきたこうじ菌「ヤマサ菌」がつくりだす。
香り、味、色にまでこだわる、和食のプロの御用達。
なかでも、有機丸大豆の吟選しょうゆは、有機栽培による丸大豆と、
自然の力で結晶させた天日塩を使い、やさしい味わい。
黒より明るい赤。
これが、ヤマサの証なのです。

こだわれば、赤いしょうゆ。

四季の広告

各誌に掲載したヤマサしょうゆの広告をご覧ください。

(クリックすると各季節の広告がご覧いただけます。)

トップへ戻るトップへ戻る

特別映像
特別映像
ヤマサしょうゆの
コマーシャルムービーをご覧ください。
スクリーンセイバー
スクリーンセイバー
しょうゆの雫が織り成す波紋を
スクリーンセイバーに料理しました。