English
TV CM

ヤマサ 鮮度生活 “チャンス”篇(15秒)


テレビCMストーリー

ヤマサ 鮮度生活 “チャンス”篇(15秒)
 とある30代夫婦の家。ダイニングキッチンで妻が夕飯の支度をしています。しょうゆを取り出すと量が残り少ないことに焦る妻。しょうゆを替えるチャンスが到来! 赤いしょうゆをイメージさせるフレームから、『ヤマサ 鮮度生活』を持った野村さんが出現して「チャンスです!」と一言。家では、妻が「パパ、買ってきて~」と甘い声でお願いをしていますが、夫はうなずきながらも気乗りしていない様子。再びフレームに現れた野村さんは、目をキラリと光らせながら「ビッグチャンスです!!」と、さらに『ヤマサ 鮮度生活』をアピール。続けてフレームから抜け出して、ダイニングキッチンに現れた野村さん。突然の登場に驚いている夫の傍ら、妻に「家族のしょうゆはこのサイズ!」と『ヤマサ 鮮度生活』を手渡します。「鮮度が続く 鮮度ボトルへ。」とナレーションが流れている中、筑前煮を作る鍋にたっぷりと赤い『ヤマサ 鮮度生活』のしょうゆが注がれ、お刺身、ほうれん草のお浸しや卵焼きなどが並ぶテーブルに置かれます。ダイニングキッチンを背景に、野村さんが、「ヤマサ 鮮度生活、新発売!」としっかり紹介。白いお皿に注がれる赤い色のしょうゆの波紋を背景に、『ヤマサ 鮮度生活』と『ヤマサ 鮮度の一滴』のラインナップが並び、“ヤマサ 鮮度シリーズ”を印象づけています。

 

撮影エピソード
  • エピソード1
    目の前に海が見える都内のハウススタジオで撮影は行われました。野村さんは、鮮度シリーズのしょうゆをイメージした赤色のスーツと、CMには映っていませんが、真っ赤な靴を履いて登場しました。華やかさと登場感を演出したスーツに照れくさそうな様子でしたが、ビシッとした着こなしで、野村さんによく似合っていました。
  •  

  • エピソード2
    「ヤマサ 鮮度生活、新発売!」のセリフでは、野村さんの右側に、しょうゆのボトルが映し出されるので、右手を上げて“こちらです”と示す動きがありました。その動きが、かつてタレントの宮尾すすむさんの“ハイッ!”と威勢よく右の手のひらを出すポーズを思わせるということで、“ハイッ!”と何度かマネしていたお茶目な姿が、スタッフの笑いを誘い、とてもチャーミングでした。しかし、いざ本番に入ると、右手は、爪の先までしなやかに伸び、体に置いた左手もさりげなくこぶしを握り、その姿はまるで狂言を思わせるような洗練された振る舞いでした。
  •  

  • エピソード3
    しょうゆが残り少なくなって、『ヤマサ 鮮度生活』に替えるチャンスがきたシーンでは、ニュアンス違いのセリフを収録しました。はじめは、英語の発音で、「チャンスです!」「ビッグチャンスです!!」とハリのある明るい声で発し、“本当にチャンスがきたんだ!”と、心底思わせられるような迫力が感じられました。次に、日本語のカタカナ発音をしたところ、「意外と難しい・・・」と苦戦する一面もありましたが、それもすぐに慣れて、収録後は、耳の中にセリフがいつまでも残るようなリフレイン効果を感じました。どちらのタイプもまったく印象が違って聞こえましたが、説得力があり、さすがプロの演技力を実感しました。
  •  

  • エピソード4
    夫婦役の役者さんは、初めて顔を合わせてから間もないのに、すぐさま夫婦の雰囲気を醸し出し、しょうゆを買ってくるよう妻に頼まれた夫の渋り加減は、どこの家庭にも一度はあるだろうなと思わせる共感できるシーンとなりました。
  •  

  • エピソード5
    『ヤマサ 鮮度生活』は、つけしょうゆ、出来上がった料理にかける、煮物に使うなど、幅広いシチュエーションでお使いいただけますが、それらを表現するために、しょうゆを使う美味しそうな料理が卓上に並ぶと、輪唱のようにスタジオのあちらこちらからスタッフのお腹の鳴る音が聞こえ、笑いがもれました。