English
TV CM

「ヤマサ まる生ぽん酢」新TVCM 『まる生侍』篇

まる生よ

生でしょ

CMストーリー

ヤマサ まる生ぽん酢 『まる生侍』篇(15秒)
 今回の「ヤマサ まる生ぽん酢」のTVCMは、なんと時代劇設定!見るからに悪巧みをしそうな悪代官と悪商人が、お鍋の前で何やらコソコソしているシーンからスタートします。「お主も、生よの〜。」と言いながら悪代官が受け取るのは、金の器に入った「生」のぽん酢。時代劇でもお馴染みのやりとりに、見ている側もついつい引き込まれます!しかし、次の瞬間、襖を勢い良く開けて登場するのが、大泉 洋さん扮する「まる生侍」。驚く二人をよそに、間髪入れず、決めゼリフを一言。見事に二人を成敗!?かと思いきや、普通の「生」のぽん酢より、こっちの「ヤマサまる生ぽん酢」でしょ!と、親切にお知らせするために登場したのでした。何はともあれ、時代劇設定から一変し、3人で仲良くお鍋を囲みます。今夜は豚と水菜のしゃぶしゃぶ。「ヤマサ まる生ぽん酢」でおいしく、そして楽しく頂いてしまう3人なのでした!
 

cut.1_2
cut.4_2
撮影エピソード
 5作目となった、「まる生シリーズ」のTVCM。今回は、今までのストーリーから一変!時代劇設定で、内容も新たにインパクトのある世界観に仕上げました。主演の大泉さんや初共演の役者さんたちも自然と気合が入ります。そして、その世界観をいっそう盛り上げるのが、特別に作られた和洋折衷でポップな部屋です。レトロでおしゃれな小物たちや、部屋の中央に富士山の絵のステンドグラスが象徴的にあるなど、単なる時代劇ではないシチュエーションにスタッフがこだわりました。美術セットもさることながら、今回の大泉さんが扮する「まる生侍」も見所のひとつ。特注のカツラに本格的な着物で、凛とした佇まいに、スタジオの空気も引き締まります。撮影がはじまると、共演する役者さんたちの見事な悪役ぶりと大泉さんのテンポのよいやりとりで、スタジオは一気にタイムスリップ。演じる3人の息もピッタリ合い、次から次に飛び出す大泉さんらしいセリフに現場は笑いに包まれました。(決めゼリフの言い回しが面白く、結局2タイプ採用して放送します。)ラストは3人仲良く、「ヤマサ まる生ぽん酢」で、豚のしゃぶしゃぶをおいしく頂くのですが、大泉さんが「このぽん酢自然な感じでいいのよ」と共演者2人に商品の良さを本音でアピールしていました。
普通の「生」のぽん酢ではなく、醤油、果汁、出汁、酢の4つの「生」素材が入ったこだわりの「ヤマサ まる生ぽん酢」。まろやかで自然な味わいは、これからの季節のお鍋にぴったりで、家族や友人たちとおいしく頂けます。
 ぜひ、大泉さん扮する「まる生侍」の圧巻の演技と共演者たちの息のあったやりとりが楽しい魅力満載のTVCMを御覧いただきながら、「ヤマサ まる生ぽん酢」でお鍋料理をおいしくお楽しみください。
 

cut.1_2
cut.4_2